大学受験情報~大学への抜け道~

現役大学生による大学受験攻略ブログです。 受験勉強法・問題集・参考書などを紹介しています。
当ブログについて

◎ 「大学への抜け道」は大学受験生に勉強法・参考書を紹介するブログです。
■要望・感想・質問などは左下のメールフォームからお願いします。
■只今相互リンク募集中です。気軽にメール下さい。
■当ブログの掲載記事・文章等は2ちゃんねる掲示板からの転載です。

★ブログのデザインを変更しました。
2007/8/29
■最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

勉強法-数学4

Ex.勉強法(上級編)


解法の習得ではなく「実際に自力で解いてみる実戦練習」という目的のためには、「月刊『大学への数学』日日の演習など」や「大学入試攻略数学問題集」、または「入試問題集」(数研出版)が適しています。

これらの教材の問題を、すぐ答えを見てやり方を覚えようとするのではなくて、 何とか答えが出るまで自力で頭を使って、時間(最低でも20~30分)をかけて解いてみるのです。

その後、自分がその問題を見てから解答を書き上げるまでにどのような苦労があったかを思い出し、 試行錯誤のデータとして脳にインプットしましょう。

これを繰り返すことで、問題を見てから解答を書き上げるまでの脳の働きのプロセスのパターンが蓄積され、試行錯誤の処理が高速化すると同時に洗練されていき、徐々に解答能力が上がっていくのを感じるでしょう。

そうするうちに、だんだんと「数学の問題はどのように頭を働かせれば解けるのか」という方法が、実体験として分かってきます。

いわば、参考書や問題集には書かれていない、自分なりの「解法パターン」ができてきます。

そうなると、「本で覚えた解法を検索して解く」という段階から脱皮して、「数学の道具を使って自分の頭で解く」ということができるようになってきます。


結局はこの方法も、基礎の学習法のところで書いたことと同じで、
決め手となるのは、試行錯誤の過程をすべて脳の中にリストアップし、体験として意識的に記憶しておくことです。

そして、こういった訓練をするためには、「解法を知っていれば(思いつけば)解ける単問型の問題」よりは、「基本的な知識を柔軟に運用することが求められる応用問題・複合問題」の方が適しています。

その手の問題は最新の入試問題の中にあふれているというわけです。
(そしておそらくは、本番でもその手の問題に出会うでしょう。)


問題集を色々やってきたけれども、模試や過去問があまり解けない(手はつけられるが完答できない)という人は、
この点を意識して勉強してみるといいでしょう。





スポンサーサイト
[ 2007/08/16 ] | 勉強法-数学 | CM(2) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
ロフトの検索サイト。ロフトマン、梅田、渋谷、新宿、札幌などロフトに関する各種情報をお届けしています。 http://landloper2.hartmerrell.com/
2008/09/02(火) 08:24 | URL | #-[ 編集]
仏具・神具を探すなら http://www.karakustr.com/215783/100822/
2008/09/21(日) 11:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rude1156.blog99.fc2.com/tb.php/47-78aa6e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

るーど

Author:るーど
いよいよ受験シーズン到来です!
焦らず計画的に学習しましょう!!

宜しければ↓のブログランキングにクリックお願いします。
banner2

banner1

にほんブログ村 受験ブログへ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター

ブログ内検索

検索フォーム

・辞書

goo 辞書



・amazon検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。